レディ

行政書士の仕事に就きたいなら独学という手段がある

あこがれの先生

ウーマン

幼稚園教諭には種類があり、大学によって取得することができる資格が変わってきます。自分がどうなりたいかを考えながら大学選びをすることが大切です。大変な仕事ですがその分、やりがいが得られる仕事なので子どもと接する事が好きな人には幼稚園教諭はおすすめです。

詳細を読む

付加価値としてのスキル

男女

企業としてビジネスを進めるには管理業務が欠かせません。マネジメントの資格を取得すると、部下や仕事の管理を適正に行った企業活動が可能となります。健全な組織運営に必要な知識を学べるのがマネジメントの資格取得です。

詳細を読む

人気の国家資格を取得する

女性

重要文書作りの専門家

行政書士はかつて「代書屋さん」という俗称で呼ばれたこともある、文書作成のスペシャリストです。その対象は幅広く、官公署に提出する各種の申請書や届出書のほか、私人同士の契約書や協議書、果ては測量図面なども含まれます。行政書士はこうした文書を依頼人の要請に応じて作成したり、提出を代行したりします。また、これらの文書作成に関連した相談対応や指導も行います。公認会計士や弁理士など他の有資格者が独占的に扱うものを除き、行政書士が扱う文書の種類はおおよそ1万種類にも及ぶと言われています。その中には個人や法人の財産や権利を守る重要な内容を含むものも少なくありません。行政書士は、正確な文書作りを通じて市民生活の安定に貢献する、非常に重要な役割を担う仕事です。

受験対策は多種多様

行政書士の国家試験は毎年1回実施されており、学歴や年齢に関係なく誰でも受験できます。数ある国家試験の中でも受験者数が非常に多いものの1つであり、学習の機会もたくさんあります。受験準備には各種スクールの対策講座に通うのが早道ですが、独学でも合格のチャンスはあります。試験は択一式と短答記述式の組み合わせで、しばしば過去に出題されたのと同内容の問題が繰り返し出されます。そのため、市販の独学用参考書や問題集を使っての学習でも十分な準備ができます。一般常識として時事問題が出題されることがありますが、新聞報道などに注意しておけば対応可能なのは独学者に限りません。また、スクールの中には独学者向けの通信講座を開設しているところもあります。通学コースにも劣らない充実した内容のものもあるので、活用すると便利です。

これから仕事が増える資格

男女

保育士資格取得と大学の資格を同時に取得出来る部分は大学のメリットといえます。専門学校に比べ2年多く経験を積むことができるので、即戦力として活躍できる可能性が高く、他の資格取得なども行えるのがメリットといえます。

詳細を読む